美容

IPSA(イプサ)の肌診断を受けてきた!豪華な試供品も紹介♪

本記事ではデパートコスメブランド「IPSA(イプサ)」で行っている肌診断について紹介します。

結論から言うと・・・、とってもためになり、女性なら一度は受けてほしい!!と思えるものでした!!

気になってるけどどんなものが知りたい方、受けようか迷っている方の参考になれば幸いです!!

IPSAの肌診断の特徴!

2種類の肌質を測定し、より深く自分の肌状況を知ることができる

IPSAの肌診断の一番のウリは、

  • 先天的肌質:生まれ持った基本の肌質
  • 後天的肌質:年齢や生活環境によって今までに肌が受けて来た影響度合い

という二つの要因から、「素肌型」を見極める、というもの。

先天的肌質は、IPSAの分析機器・イプサライザーで「水分保持力」と「皮脂分泌力」を測定し、そのバランスによって4タイプ(Ⅰ〜Ⅳ)に分かれます。

要はお肌の水分量と油分量を計測しているのですが、そちらを「生まれ持った肌質」と表現しているのが印象的ですね。

後天的肌質は、普段の過ごし方や生活環境、使用しているお手入れアイテムなどをカウンセリングやアンケートで答えていき、それをもとに「D1(影響度低)〜D4(影響度高)」を決定します。
数字が大きいほど、肌への負担がかかっているということです!

機械でパーソナルカラーがわかる!?

水分量と油分量だったら割とどこの肌診断でも測定してくれそう・・・と思うかもしれません。

しかし、「素肌色」を機器で計測し、似合うコントロールベースやファンデーションを判断してくれるというのはIPSAだけでしょう!!

IPSAの「素肌色」とは、

  • 明度(明るいか暗いか)
  • 色相(黄みよりか赤みよりか)

のバランスで決定されます。
これらから、今の顔に足りない色や、さらに透明感を高めるような色を分析する、というしくみです。

ファンデーションの色は、パーソナルカラー診断や、首の色と顔の色を比較する、というような、人の目で判断するあいまいなものばかりですよね。

IPSAの肌診断は、首の色も機器で測定して数値化される、というのが他にはないなと思いました!!

なにやらとっても期待大!!その内容をこの身で体験すべく、実際に店舗に伺いました!



肌診断の流れ

肌診断の予約

カウンターに近づくとすぐ話しかけていただけました!

肌診断を受けたいことを伝えましたら、おおよそ1時間待ちとのこと。
なかなかの人気っぷりが伺えますね。

1時間後、早速測定!

SK-Ⅱの肌診断はメイクの上からでしたが、IPSAでは目の下からほぼ全部のメイクを落としてから測定しました。

もちろんそちらは後で直してもらえますし、さらに、肌診断の結果でオススメされる色を使用してくれるため、メイクの参考にもなります!

また、新しい!と思ったのが、「角層は専用のテープを貼る→剥がして測定する」ってところですかね。

アンケートを取り入れたり、首元も計測したりと、あらゆるアプローチから測定した総合的な結果が出るので、結果も信頼できそうですよね。

診断結果

水分保持力が平均50のうち9と、ここでも圧倒的水分の足りなさ・・・・。
そして皮脂分泌も72ということで、油っぽいのにカサつきやすいという「Ⅲ」タイプに。

いわゆるインナードライで、これまで何度が肌診断していただいた結果と同じになりました!

それ以降の「ハリ・弾力」「透明感」「角層」は意外に標準値!?
しかし下の得点表を見ると、「ハリ・弾力」はやはり低め・・・エイジングケアは必要のようです。

素肌色判定については、意外にも「イエロー」や「オークル系」が似合うという結果に!!
(こちらは画面表示のみだったためで写メを撮り忘れました)

というのも、これまで何度かパーソナルカラー診断やカウンセリングを受けていて、
「ブルーカラー」「肌が白い」「黄みが少なめ」という真逆の結果だったんですよね・・・・
うーん。どちらが正しいの!?

追記:2018/7/20
IPSAの素肌色判定は、首元の色と比較して合う色を調べ、コントロールベースで透明感を高める色を決定する、というものなので、そもそも「生まれ持った肌色から調和した色を調べる」というパーソナルカラー診断とは判定方式が違うんですね!

おすすめケア&メイクを実施

診断結果を元に、合った化粧品を選び、メイクしてもらいました。
(どんな化粧品を選んだかとその詳細は、次で紹介します)

先ほどの結果で気になっていた、ベースカラー&ファンデーションの色。
半信半疑だったのですが・・・実際にやってもらったら違和感がありませんでした!

「ファンデーションの色が合わない」の判断基準として「化粧が崩れてきた時に浅黒くなる」という風に聞いたことがあるのですが、家に帰ったときも特にそのようには見えませんでした。

今のファンデーションがなくなったら、お安い商品で挑戦してみたいです!!

ここまでの所要時間は約30分。
濃い時間でしたー!



いただいたサンプルを紹介!

  • ME エクストラ 3×4個
  • クレンジングオイル EX
  • クレンジングフレッシュフォームe
  • クリアアップローション×2
  • ザタイムリセット アイエッセンス

サンプル、こんなにいっぱい!

クマで悩んでいることを伝えたら、アイエッセンスまでいただきました♪

一通り使用してみましたので、特に印象深かった3点を紹介します。

ME エクストラ3(化粧液)

このMEシリーズはIPSAが現在推しているもののようで、肌診断に合わせてなんと17種類

ME シリーズ一覧
  1. レギュラー(1〜4)
  2. エクストラ(1〜4)
  3. スーペリアe(1〜4)
  4. センシティブe(1〜2)
  5. アルティメイト(1〜3)

肌診断結果から、これらの中のどれを選ぶかというと、
例えば私だったら

後天的肌質が「D2」→上から2番目のエクストラ
先天的肌質が「Ⅲ」→エクストラの「3」

という感じのようでした。

おそらくD1が「レギュラー」、D3が「スーペリア」・・・だと思うのですが、
そうなると残りの「センシティブ」と「アルティメイト」の存在がよくわからないので、再度訪れた際に聞いてみようと思います!

追記:2018/7/20
2回目訪れた時に尋ねてみました!

診断結果が悪いから「センシティブ」「アルティメイト」・・・というわけではなく、
他の化粧品では効果がお肌に届きにくい方向けのスペシャルケア、だそうです。

ここの選択は、BAさんのこれまでのノウハウで選ぶもので、
判断結果から簡単に求められるものではないのかもしれません。

こちらは「化粧液」という位置づけで、化粧水と乳液両方の役割を担っています

しかしテクスチャは美容液のよう!
試供品の一回分が結構多かったので、つけた直後はべたつきましたが、しばらくしたら気になりませんでした!

クレンジングオイルEX

私は脂が多いため、クレンジングオイルはほとんど使わないです。
洗い流しても洗い流しても、ぬめぬめして落ちた感じがしない・・・、というのも理由。

しかしIPSAのクレンジングオイルは、一般的なクレンジングオイルよりは水っぽい、色も透明な感じでした!
さらにオイルにもかかわらず、濡れた顔、手で使用オッケー

何かが違うんだろうなと思いながら、実際に使用すると・・・

使用後は、「メイクは落ちているのに潤っている」という、これまでの私の中のクレンジングオイルの常識を覆す感覚が!
そして肌がツルツルで、とっても満足しましたー!

クリアアップローション

こちらはふきとり化粧水です!
カウンターでBAさんにケアしてもらった時、角質がポロポロ取れました!!

ふきとり化粧水では、コットンに化粧水をしみこませ、お肌をクルクルなでるようにしてつけるのですが・・・

  • とろみがあってコットンに馴染みにくい
  • 角質をコットンに集めるのが難しい

など、少し扱いが大変です!
こすり過ぎるとお肌を痛める原因になるので注意してください!

まとめ

IPSAの肌診断は、噂通りの良質な診断内容とカウンセリングでした!
そして診断結果+悩みにぴったり合ったサンプルを、惜しみなくくださるのもポイント高し!

私の担当してくれた方は割と淡々としている印象でしたが、人によるのかもしれません。
しかし、ブランド全体が、無駄がなく清潔な雰囲気だなと感じました!

ところで実は、IPSAの肌診断を受ける前は、「SK-Ⅱ」の肌診断を受けています。

こういうのは機械の相性や当日の肌の調子もあるし、複数くらいでみて総合的に判断したほうが良いかも・・・と思っていましたが、悪ーい結果は、やはりどちらも同じですね・・・・

ただ、IPSAは「肌の色」も診断してくれるのがポイント!
こちらはまさかの結果でしたが、意外な結果ほど、試したくなるというもの!(笑)
美への探求は尽きることがありませんね!!!!

みなさまもぜひ時間があるときに、体験してみてはいかがでしょうか!?

↓↓約3か月後に2回目の肌診断行ってきました!↓↓

あわせて読みたい
IPSA(イプサ)の肌診断は定期的に!!季節に合ったスキンケア&メイクで「いつでも美肌」を目指す!!以前、コスメブランド「IPSA(イプサ)」で肌診断をしてもらったことをご報告しました!! https://majime-wom...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です