生き方ノウハウ

未経験職への転職を希望している方へ。不合格になる転職活動とは?

人が「転職したいなぁ・・・・」と思うきっかけはさまざまです。

Aさん

私にはまだまだできることがある!!小さい組織の中で収まっていたくない!

Bくん

今までこういうことをやって経験を積んできた。次の段階へステップアップしたい!!

といったポジティブなものから、

Cくん

人間関係や労働環境が最悪!!もう長時間残業なんてこりごり。

Dさん

今やっている仕事についていけない。仕事内容を変えたい。

といったネガティブなものまでありますね。

技術の発展やグローバル化などによって、さまざまな働き方が容認されてきたとはいえ、転職することはやはり勇気がいるもの。

本記事では、上記であげたなかでも「仕事内容を変えたい」場合の転職活動について考えてみます。

というのも、私自身が、過去にDさんの理由で転職活動を行うものの失敗(=応募企業すべてお祈りにより転職できず)してしまったからです・・・。

今回は、転職中のことを振り返り、未経験の転職活動の現実や、失敗した!と思ったポイントなどをまとめました。

転職エージェント利用での間違い!

そもそもの話になってしまうのですが・・・エージェントサービスの求人は基本的には「キャリアアップ」。
「人が不足して困っているから募集する」という求人ではなく「いい人材がいれば採用する」といったスタンスの求人なので、未経験は圧倒的に不利です。

転職活動についてネットで調べていると、

「まずは転職エージェントに登録しよう!」
「転職活動を仲介・アドバイスしてくれるよ!」
「転職エージェントは非公開求人をたくさん紹介してくれるよ!」

とアドバイスしているサイトは数多くありますが、あまり未経験職やネガティブな理由による転職の参考にはならないです!!
「売り手市場」と呼ばれる現代でさえ、このような理由による転職は難しいのです。

名前は伏せますが、私もとある転職エージェントに登録していました。
確かに求人については、「え、こんな有名企業まで登録しているの!?」というものもありました。

しかし「未経験OK」と書かれている数少ない求人でも、やはり半分以上は書類審査で落とされましたし、面接にこじつけても経験やスキルを見られることが多かったです。

また、「適性や希望にあった求人を紹介させていただきます」というのは転職エージェントの定番うたい文句ですが、
正直コンピュータによるマッチングとさほど変わらない!!と感じました。

私も利用する前は、生身の人が行うのだから、こちらの希望やアンケートによる適性ではなく、実際の対話や性格によって適性を見てもらうのかと思っていました。

しかし実際使用してみると、結局面談は初回のみで、その後はメールでのやり取り。

さらには「とりあえず希望の求人探しといてやったよ」とでもいうかのように、毎日のように求人が追加され、ほぼ定型文で面接のお知らせや合否が届く・・・といった具合でした。

転職エージェントも、所詮は求人の紹介サービスであり、過度に期待しすぎてはいけない、ということを覚えておいてください。

  • 転職エージェント経由で内定が大きく優遇されることはない
  • 転職エージェントは、親身になって転職活動を支援してくれたりするわけではない
  • 最後に内定を勝ち取るのは自分の実力!

仕事や会社の選び方の間違い!

①ベンチャー・スタートアップ企業に応募する

中途採用の求人で、特に経験が問われるのがベンチャー企業。

彼らは「稼ごう」「社会を変えてやろう」というやる気に満ち溢れています。
基本的に即戦力を求めている、といってもいいと思いますし、積極性や活躍できる根拠を示さないと難しいです。

私の場合、
「大手企業に入るほどの実力はない」
「社員数が少ない会社だったら、今からでも良好な人間関係が築けるかも」

なんて安易に考えて、社員数が少ない会社や、設立間もない新しい会社ばかりを受けていました。

私が利用した転職エージェントでは、エージェント経由で不合格の理由を教えてもらえたのですが、そういった会社では

「ベンチャーマインドが感じられなかった」
「うちとはこれまでの経験がかけ離れているし、ポテンシャルも感じられない」

といった理由での不合格が多かったです。
(今見ると、どれだけ私ダメダメなんだって感じですね!!!)

まぁベンチャーにもさまざまありますが、特に技術職の場合はスキル重視の面が多いです。

やりたいことをやっている会社、だけでなく、どのような人材を求めているか?働き方や社風はどうか?も求人票や企業のHPでチェックしてみましょう。

一番のお勧めは、大企業の子会社です。

大企業の子会社をお勧めする理由
  • 元会社よりも、入社のハードルが高くない
  • 福利厚生は元会社から作られているため、一般的な会社よりも良い可能性が高い
  • 元会社から派生した会社なので、それなりに信用できる

大企業への転職の自信がない方や、ベンチャーへ行くほどの実力もなさそう・・・という方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。


②使命感や自身の成長を重視する

未経験の職に就きたい場合、では自分が今後本当にやりたいことは何か?を考えると思います。
しかし、それを「社会問題」「世間のニーズ」「これまでやってこなかったことの克服」と取り違えてしまう人がいます。

例1

今の教育現場に不満がある。だったら塾業界に転職して自分が変えて見せる!

例2

今まで口下手だったけど、お客さんと話す仕事をしてそれを克服したい!

これらは志望理由としてストーリーが組み立てやすいこと、人として立派なことをやろうとしているのが伝わりやすいため、やりたい仕事だ!と選びがちなのですが・・・
少し冷静になって、実際に仕事としてできるのか?を考えてみてください

仕事選びチェックリスト
  • 作業を、細分化することができるか
  • 細分化した個々の作業が、自分でできることか
  • 細分化した個々の作業が、自分がやりたいことなのか
  • その作業の根拠を、現実に基づいて自信を持って話せるか

これらをチェックしてみて、仕事として責任を持って行動できることを確認してみてください。

私自身、教育に携わりたいと、大学職員の採用試験を受けたことがあります。
運よく最終面接までこじつけましたが、私なりに考えた教育への思いや改善案を「そんなんで解決するわけないよ」とあしらわれて言葉に詰まってしまい、不合格となってしまいました。

今考えると、改善案が現実に即していなかったことや、作業の細分化が甘かったな、と感じています。

まずはやりたい仕事の中でも、自分にできることであるということの見極めが必要だと思います。

面接での間違い!

①やる気や今後の頑張りを主張しすぎる

特に未経験職の場合は、

今、~に興味があってこういう勉強をしています!
(私えらいでしょ!)

御社では~を頑張って、成長していきたいです!
(意識高いぜ!どやっ!)

というやる気で押しがちですが・・・企業側としては、

面接官

いや、勉強するのは当たり前だし・・・会社に貢献してくれるかどうかが重要なんだけどね・・・・

面接官

うちの会社を君の成長の道具にしないでくれ・・・



と、冷めた目で見られることが多く、未経験だからと言ってやる気だけでは採用してもらえはしないのです。

もちろん、それらは仕事をするモチベーションとしては大事ですが、その分野でこれからどう活躍していくか、をちゃんと言葉にしないと相手には伝わりません。

また、実際に転職活動をしてみてわかったのですが、未経験職であろうと、これまでの職務経歴や、仕事の中でどのように考え行動してきたか、は結構面接で聞かれます。

私はWebマーケティング職への応募の経歴書に、趣味でWordpressのサイトを構築しGoogleアナリティクスを活用していることを書きましたが、全く見向きもされませんでした。
やはり仕事としての経験が大事なのだとわかりました。

未経験職でも、これまでの仕事での経験を踏まえながら、その能力に絡めて御社に貢献できる!ということをアピールできるようにしておきましょう。

②罪悪感や自信のなさが出過ぎてしまう

「今の仕事が合わないから、転職する」

私がそうだったのですが、このモチベーションの場合、今の仕事から逃げるんだという罪悪感や、次の仕事はうまくいくだろうか?という不安に苛まれてしまいがちです。

その結果、面接時に顔や目線、しぐさなどにその感情が極度に現れてしまったり、今の仕事がつらいことを暴露してしまったりしてしまいます。

そのようだと、採用する側としてもやはり不安になるもの。
そこで、面接でのワンポイントアドバイス!!

面接官は、これまでのあなたを見てきたわけではありません。
つまり、面接時にはいくらでも自分の話を盛ってもいいんです!
(もちろん職務経歴自体に嘘をついてはいけませんよ!)

「一言軽く、”ありがとう”と言われた」という経験
「●●に力を入れ、お客様にお褒めの言葉をいただきました!」

このようなかんじで、さもすごいことをやってきたように堂々と毎回言っていると、「あれ、私けっこうできる人なのかな?」と意外と自信が出てきます。

罪悪感や不安は簡単に消えるものではありませんが、面接のときだけでも、「はっきりと堂々」を強く意識するようにしましょう。
落ちて当たり前!くらいの気持ちで受けたほうが、リラックスできますよ。

③面接対策をしすぎる

特に未経験職だと、これまでの経験から希望職種を語ることができませんから、何を話すかを調べることが増えます。
さらに何聞かれても答えられるようにと、質問に対する回答を一つずつ準備してしまうことがあります。

そうやって回答を用意しすぎると、「この質問にはこの回答!」という強い意識が働き、余計にスムーズな受け答えができなくなってしまい、ちぐはぐな答えになりがちです。

面接官

今まで開発をされてたみたいですが・・・?

あ、今志望動機を聞かれているんだ!

えーと、前々から●●に興味があって・・・
御社では●●のサービスを行っていたので、御社を志望しました!

面接官

今まで開発をしてきたのに、なぜその業界で働きたいと思ったのかを知りたいんだけどな・・・



面接は会話です。考えてきたことを一方的に伝える場ではありません。

私もこれをやらかしてしまい、後日、
「こちらの意図した質問に対する答えになっていない場面がちらほらあった」という理由で不合格通知が来ました・・・。

こういったちぐはぐな回答は、緊張していると捉えられ、最悪「覚えてきたことをそのまま言ったんだな、人の話を聞いていないな」と思われてしまい、印象ダウン!!
とってももったいないです。

質問に答えられなかったらどうしよう、というのは確かに恐怖です。
しかし、冷静になって「面接は会話である」ことを意識し、相手が何を聞いているのか?を考えれば、次に出てくる言葉も見えてくるはず。

面接官が求めているのは、用意してきた模範解答ではなく、その時思った誠実な回答なのだと思います。

まとめ

  • なぜ未経験からその業種に応募したのか
  • これまでの自分をどう生かせるのか
  • これからのキャリアプランをどうするのか

これらを、自信を持って自分の言葉で伝えないと、未経験職への転職は厳しい、と考えています。

逆を言えば、それができる人は、既婚だろうと、女性だろうと、アラサーだろうと、十分転職のチャンスがある!と私は思います。(ダメだったら面接すらさせてもらえなかったはず!)

基本的にネット上に挙がっている転職対策は、野心的な理由によるものが多いような気がしていたため、
本記事では仕事への自信を失いかけている人に向けて書いてみました。

とはいえ、結局私自身が失敗しているので、えらいことは言えないのですが、同じような境遇の方にこのような失敗を犯してほしくない!

私を反面教師に、現状を打破してくださる方がいれば幸いです!!

お仕事について悩んでいる方は、以下の記事も参考にしてみてください!

あわせて読みたい
アスペ女子が、発達障害者の「本当の」適職を考えてみた。 発達障害を持っている方は、「仕事ができない、社会に適応できない」と悩んでいることが多いです。 もがき苦しみ、救いを求めて、インター...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です