美容

IPSA(イプサ)のオイル仕立てファンデーションの使い方検証!毛穴のカバーはできる?

2018年9月14日に発売された、IPSAの新製品「リテクスチャリング ファウンデイション」×「クリエイティブ オイル」
ベースのリキッドファンデーションに、別にあるオイルを混ぜて使うという、新発想のファンデーションです!!

あらゆるコスメ雑誌でも「理想肌を極めたい人のマストアイテム」「質感を自在に操作できる」「肌ノイズを光で消して、透明感を持続する」と話題沸騰のようです。

↑少し前になりますが、美的2018年9月号の付録に6日分のサンプルがついていました😋

実は私、普段はパウダーファンデ派。

リキッドファンデーションは毛穴落ちしやすい、テカりやすいなどと、少し敬遠していたところがあります。

IPSAの新発売ファンデは使用感をカスタマイズできるということで、毛穴のカバーができるか、テカらない美肌になれるか挑戦してみました!

オイル仕立てファンデの特徴

こちらが「リテクスチャリング ファウンデイション」👇🏻
毛穴やキメの凹凸部分を、光の薄膜で覆って透明感を出してくれます!!

全6種類のうちの、こちらは101番。一番オーソドックスなオークルですね。

これだけでもリキッドファンデーションとして使用できるのですが・・・
オイルをつけることでさらに、ツヤ感や透明感を調整できるというのがウリです。

オイルは「シアーゴールド」「エアリーホワイト」の2種類あり、なりたい肌の仕上がりによって使い分けます。



シアーゴールド

より大人のツヤ感を出したい時に使用するオイルです。
透明感をたたえた華やかな印象の肌を演出してくれます。

エアリーホワイト

皮脂やテカリを抑えたいときに使用するオイルです。
少々こちらのほうが白く濁っていた印象です。

程よい抜け感を出し、フォギーな肌に仕上げてくれます。

フォギー肌とは、軽く赤ちゃんのようなふんわりした肌のこと。
foggy=もやがかった、という単語が語源のようです。

あらき
あらき
ツヤ肌とマット肌の中間くらいの位置になれるのかな?

しかし、オイルをつけたら、さらに脂ぎった肌になってしまうのでは?という疑問が生まれるかもしれません。

実は、皮脂は乾燥から肌を守るために分泌されるもの。

オイルによって乾燥を防ぐことで、皮脂は分泌されない!という発想ですね。



実際に使用してみた!

オイルを使うタイミングは様々!
使い方を見ますと、最初に混ぜてもよいし、先にオイルを顔に付けたり、気になるところに後から重ね付けしたりもできるようです。

せっかくなので、

  1. オイルをファンデ前に顔に付けた場合
  2. オイルを最初に混ぜた場合
  3. オイルをファンデ後に顔に付けた場合

の、3つの使い方を試してみました!

①オイルをファンデ前に顔に付けた場合

いつもの下地を最初に塗った後、オイル単体で肌につけてみました。
つけたのは特に気になっている、皮脂分泌の多い小鼻部分です。

すると、下地が溶けて、どろどろに・・・・😱

もしやこれは、オイルクレンジングをつけるとメイクが落ちる現象と同じ!?!?

その後、オイルを指でポンポンなじませてからファンデーションをつけましたが、その後はいつもよりテカってしまい・・・。

この使い方は私には合っていなかったなぁと思いました。
うーん、化粧下地を落とさずにつけることはできるんでしょうか??



②オイルを最初に混ぜた場合


1,2滴ほど落としてみました。


くるくる混ぜると、確かに光を含んだツヤのある感じに!

そして肌に乗せてみると、

あらき
あらき
わぁああああ!!!

カバー力ありすぎて能面のようだ💦💦💦😂😂

と少しパニックになってしまったのですが、しばらく置いておくと肌になじんで、自然な肌になりました👇

ファンデのオイルと肌の皮脂が混ざることで落ち着くのかな?

パウダーだと小鼻の脇が乾燥で汚くなりがちですが、うまくカバーできたなぁと思いました😆
クマもコンシーラーなしで吹き飛びます!!

しかし、つけた直後はよかったのですが、夜には鼻が毛穴落ちになってしまいました・・・・・。
(記事の最後に毛穴落ちの写真を載せておきます)

後日、リキッドファンデ後にフェイスパウダーをオンしてみたら、サラサラで崩れにくくなりました!
リキッドファンデにはフェイスパウダーが必要不可欠なんですね~。

③オイルをファンデ後に付けた場合

①の失敗もあって、オイル単体を直接つけるのはメイク自体を落としかねないのでは・・・?と思いつつでしたが、
リキッドファンデをつけてから乗せた場合は、メイクが溶けることはなく、覆われている感をやわらげる感じです。

基本的には前に付ける場合と同様、ポンポンなじませるようにつけることで、メイクの伸びを防ぐことができました。
メイクの持ち自体は、特に②と変わらず。

これだったら②のほうが、ポンポンなじませる手間がないだけ、使用しやすいかな?と思いました。



まとめ

②オイルを最初に混ぜた場合が一番使いやすいし、仕上がりもきれいでした!

あらき
あらき
これがよく言われる陶器のような肌!?

つけてなじんだ後は厚塗り感がなく、頬もつるんと程よいツヤ感がでますし、
それでいてシミやクマ、乾燥した部分のカバー力はあるなと感じました!!

ただ、毛穴はいまいちうまく隠れてくれず☔

そして、やはりパウダーと比べると、早い段階でテカりますね~。
一応エアリーホワイトは皮脂崩れ防止と謳っていますが・・・オイリー肌の私には違いがほとんどわかりませんでした💔

こちらは基本のベースメイクはわかっていて、よりツヤ感やフォギー感を工夫をしたい、リキッドファンデ上級者向けの商品かな?
リキッドファンデの量の調節や伸ばし方、オイルの量などなど、私にはまだまだ使いこなせないようです・・・!

おまけ

ファンデ後の毛穴を、マクロレンズで撮影してみました。
リアリティあるので(笑)平気な人だけご覧ください!




















ファンデを付けた直後の鼻。
毛穴まではカバーできず・・・(そして角栓つまりも目立ちますね涙)


夜には毛穴落ちしてしまいました😂

頬の毛穴は、パウダーだと粉っぽくなってしまうので、リキッドファンデへの移行を考えています。
しかしまだまだ塗るのですらムラなくできない!!!

まずはリキッドファンデの基本を練習しないといけませんね~💪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です