生き方ノウハウ

職業訓練校を卒業しました!!~取れた資格と気になる就職状況を紹介~

先日、5ヶ月半の職業訓練を終了しました!

↓↓職業訓練については過去記事で紹介しています↓↓

スキルも職もゲット!『職業訓練』は格好の大人の学び場 先日の記事➡夫の転職で退職した場合の失業保険はこんなにお得!メリットと手続き方法についてでは、現在私も受け取っている失業保険のお...

約半年・・・始まる前は長いなぁと思っていましたが、本当にあっという間でした。

職業訓練校での成果

私が通っていたのは事務系のコースで、簿記からワードエクセル、ホームページなどなど、広く浅く勉強しました。

授業内容は、検定試験がある教科はその対策勉強という感じ。
そうでない教科は、学校で指定されたテキストや、配られた資料、先生が用意したスライドに沿って進められていきます。

あらき
あらき
公共職業訓練校の先生は、基本は県職員(=地方公務員)のはずですが・・・・・その知識量にびっくり!!

自身の専門分野はもちろんのこと、資格コレクターのような先生がたくさんいました(笑

訓練中に受けた検定試験は、すべて合格することができました!!

日商簿記3級

商業系の資格といえばこれ!ってくらい、とてもメジャーな検定試験です。
1か月半くらい集中的に、こちらの勉強に当てられました。

クラスの人はつらかったようですが・・・・個人的には久しぶりに高校の授業を受けているような感覚で、楽しかったです!

ちなみに、うちのコースでの合格率は80%でした。

↓↓簿記の勉強については過去記事でまとめていますので、参考にしてください↓↓

【知識ゼロでも満点合格】日商簿記3級の解説と勉強のコツ! 経理・財務系への就職に有利と言われている、簿記検定。 そんな日商簿記の3級に、100点満点で合格しましたのでご報告します!...

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験) ワープロ部門2級・表計算部門2級

ワープロや表計算の資格といえば、普通はMOS試験(マイクロソフトオフィススペシャリスト)だと思うのですが・・・・

この資格を主催している「中央職業能力開発協会」が公的な機関で、ハロワや職業訓練校と繋がりもあり、こちらの資格を受けることになるみたいです。

あらき
あらき
正直、職業訓練校に来て初めて知った検定試験でした😅

でも職業訓練校の生徒だと受験料が半額で済みますよ!

資格の内容は、主に下のような感じ。

  1. ワープロ部門
    ⇒社内文書やイベントお知らせ文書の作成
  2. 表計算部門
    ⇒簡単な関数やツールを使った集計作業や、グラフ作成

問題形式は完全に固定化されているので、過去問をひたすらやっていれば大丈夫な試験でした。

ワープロ部門ではただ文字を打つだけの問題もあって・・・・!
まさかこの歳になってタイピング練習をするとは思いませんでした😳

ただ、表計算については、関数の使い方やそれをどのタイミングで使うか?という判断力になるので、ちょっと難しいかも。

あらき
あらき
CS試験2級で出てくる関数は、VLOOKUP関数、MATCH関数、INDEX関数がキモです。

慣れるまではなかなか理解ができず大変でした~😖



ラッピング検定3級

日本商業ラッピング協会が主催している検定で、商品を包む知識や技術が求められます。

この検定が今までのものと違うのは、学科試験に加え実技試験があること!

ラッピングに必要な道具が配られ、箱の組み立てから、包む紙・のし紙も自分で判断し、ラッピングを行います。
でもその様子が見られているわけではなく、完成したものを本部に送って採点されます。

あらき
あらき
個人的には一番不安だった試験!!!
手先が不器用な私は、なかなかキレイにラッピングすることができず、放課後や家で何度も練習をすることに。

本番は力みすぎて用紙を破ってしまいましたが・・・・😂それでも何とか合格することができました!!

販売士検定3級

別名リテールマーケティング試験とも言い、流通・小売業における基礎的な知識を問われる試験です。

業態の種類や接客、企画・経営の知識に加えて、販売促進に効果的な売り場づくりや、色彩・照明の工夫なんかも出題されて、その部分は結構楽しかったですね。

販売士検定は、常識に当てはめれば勉強しなくても解ける問題もたくさんあるため、2週間ほどの勉強で合格することができました。


職業訓練校に通えば、就職できる?

結論から言うと、私のコースでの就職先決定率は50%でした。

具体的には、カリキュラムを終える前に就職が決まって辞めた方が5名、卒業までに就職先が決まっていた方が3名、決まらなかった人が9名

これを聞いて、多分皆さん「えー!?就職率悪くない!?!?」と思ったでしょう。

でも実際は、「ずっとここにいたい・・・」「いい就職先がない・・・」と、

卒業までに就職先が決まっていなかった方は、就職しようと思えばできるが就活に精が入らなかったり、本人の求めている条件に合わず選り好みしていて決まらなかった、という方がほとんどだったように思います。

(実際内定をもらっても、内定通知書の条件を見て辞退した・・・という方も何人かいました)

あらき
あらき
普段の様子を見ていても、みんなもっと焦ろうよ!?!?と、こちらが不安になるほどでしたね(笑)

そういう私も決まらなかった組なのですが・・・(;’∀’)

ちなみに、就職先が決まった方は、

  • 事務職
  • 販売員
  • 営業

・・・と、実に様々。

職業訓練で受講したコースに関係した就職先でなくても大丈夫なんです!!
むしろ、「やっぱり私には向いてない!」と言っている方が多かったですね。



職業訓練校に通った感想

よかったところ

当初は、

あらき
あらき
税金をもらって通わせてもらっている以上、囚人的な扱いなのかな・・・

授業も、仕事だからしょうがなくやってる感じなのかな・・・・

なんて失礼なことを考えたりもしましたが、普通にやさしいですし、教育に誇りをもち、自身も相当勉強して教えている先生ばかりだと感じました。

むしろ優しすぎて、ずっとここにいたくなってしまうのは逆に良くないのでは!?とさえ思ってしまうほどでした(笑)

そして思いがけない収穫は、人脈が広がったこと。
訓練校のクラスメイトは明るい人ばかりで、連絡先も交換し、卒業後でも交流しています♪

大げさかもしれませんが・・・、これまでの学歴・経歴が真逆な人と出会えたことは、社会への見方も変えてくれた気がします。

不満なところ

唯一不満だったのが、就職先の斡旋や推薦といった制度がないこと

職業訓練校の先生は、就職相談や履歴書の添削などのフォローはしてくれますが、就職先の紹介や企業への推薦はしてくれません。
職業訓練校に通うことが、直接就職に有利に働くわけではない、ということですね。

授業態度や検定試験などの成績も記録しているはずなので、成績が優秀な人には採用枠があればいいなと思いました・・・・が、そこまでの権力はさすがにないか^^;


まとめ

学ぶことが大好きな私にとっては、職業訓練は本当に格好の学び場だったな、通って良かったな、と思いました。

ただ、職業訓練で学んだことを実務で生かせるか?というと、正直ぜんぜん足りないレベル。
職業訓練で得られる知識は、その業界の初歩中の初歩です。

  1. これまでに体験してこなかった業界のさわりを学ぶことで、業界に関する興味・関心を得られる
  2. 比較的簡単な検定試験を受けさせて、とりあえずの自信をつけさせる

ここらあたりが、職業訓練の本質・狙いなのかな、と思いました。

そして、就職できるかどうかも本人のやる気や、妥協次第です。

そこのところを理解し、多少自由な時間が拘束されてでも学びたい!!!という方には、公共職業訓練はおすすめです!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です