手帳術

【バレットジャーナル】私が前もってデイリーログを作らない理由

こんにちは、あらき(@ArkBujo)です。

バレットジャーナルをやっている方は、月の始まりにデイリーログを作成しておく人も多いと思います。

Instagramの投稿を見てると「素敵だな~💕」って心ときめくデイリーログがたくさんあるのですが・・・・

あらき
あらき
私はあらかじめデイリーログを作りません!!

本日はそのことについてお話ししようと思います✨

こんな人にオススメ!
  1. 日々書く量ややる気に波がある人
  2. 勉強したことが日常に生かされない人
  3. ついつい気が散ってしまう人

一日に書けるスペースを自由にとりたい!!

前もってデイリーログの日付書いてしまうと、その日に書くスペースが決まっちゃいます。

日々生活を送っていれば、特に予定もなく平凡な日もあれば、仕事でヘトヘトになって書く気力がない日もあります。

あらき
あらき
私は空白のスペースができるとなんだかテンションが下がっちゃう😢

そんな時は、日付すら書かず飛ばしてしまうことも(笑)

でも逆に、たくさんの出来事やひらめき、発見があった日は、その感動や悲しみやアイディアを、あふれる感情のままひたすら綴りたくなる日もある。

その感情に制限を設けたくないんです。

書くことがない日は書かずに終わってもいいし、書くことが多い日はページをまたいで書いてもいい。

そんなポリシーなので、「書かなくちゃ!」っていうプレッシャーからも解放され、ここまで長続きしているのかもしれません☺

勉強したこともまとめて綴る⇒記憶の定着

バレットジャーナルは、基本的に「1冊のノートに何でも書く!」というノート術です。

なので、私は勉強したことや読書の感想をまとめる際、
その日のデイリーログ、もしくは新しく次のページに書きます👇

通常の手帳に慣れている方は、デイリーログ中に突如現れるまとめページに違和感があるかもしれません。

でもこの手法、あとでデイリーログを見返した時に、

あらき
あらき
この時つわりで苦しみながらも必死に色相環覚えてたなぁ・・・・

とか

あらき
あらき
よくわからない確定申告があったから、所得控除について勉強したんだった!
これは来年からも使えるから覚えておかないと!!

という具合に、その日にあった出来事や感情と勉強したこととが関連付けられて、より記憶に定着するんです。

日常と勉強したことを結び付けられる能力ってすごく大事‼

人間はさぼりたい生き物なので、勉強ノートだけ眺めることってよほどやる気が起きないとできません😅

日常の記録と同じように書くことで、後で見返す機会が増える、という効果もありますよ。




「今日」という一日に向き合える

私はデイリーログの日付を、その日初めてバレットジャーナルを開いたときに書きます。

その瞬間、
とことん今日だけを見つめて、
今日やらなければいけないこと、今日の感情の吐き出しに集中できるんです。

あらき
あらき

私、あらかじめ区切ってあるページを開いてしまうと、前後の日付が目に入ってきちゃって、
別の日の予定とかが気になっちゃうんです・・・・

あえてその日に、その日の日付を書くことで、
「今日頑張るぞ!!!」というやるきスイッチが入って、今日という1日を大事にできる、と考えています。

まとめ

デイリーログを前もって作らないことで・・・・

  1. 今日の出来事や感情に、柔軟に対応できる
  2. 日常と学びを結びつけられる
  3. 今日という一日を大事にできる

ぜひ感情やアイディア、学びの整理に役立てもらえれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です