出産・育児

育児記録×バレットジャーナルを断念した話

こんにちは、あらき(@ArkBujo)です。

出産して1か月がたち、ようやく赤ちゃんがいる生活にも慣れてきました。

初めての出産を通して学んだこと~陣痛って大事~ こんにちは、あらき(@ArkBujo)です。 2020年2月中旬に、男の子を出産しました!! 今は昼夜区別もつかず泣...
あらき
あらき
よくおっぱいを吸いよく寝てくれる子なので助かってます・・・・!!

出産前から「バレットジャーナルに育児記録をつけるぞー!!」と意気込んでいて、

こんな感じで👇赤ちゃんやお世話の様子を記録をノートに取っていた私ですが・・・・、

一か月を機に、辞めることにしました。

数字の羅列、見返しても・・・・。

生まれたての赤ちゃんは、一日のほとんどを寝て過ごします。

その中でやることというと、

  • 授乳
  • おむつ替え
  • 沐浴
  • 寝かしつけ

くらいですかね。

しかしそれらのスパンがとても短いため、どんどん記録がたまっていきます。

時間とその時の行動が書かれたページがずっと続き、テンションが上がらないものとなってしまいました。

とぎれとぎれの睡眠の中、余力をつかって、つけなくてもよいのでは?ってなってきたんですよね。

暗い場所だと書きにくい!

やってみてわかったのですが、夜泣きに対応する際(巷ではこれを「夜勤」と呼ぶ)

暗い部屋で、時間をチェックして、ノートを広げて、メモを取る・・っていうのが結構大変!!

あらき
あらき
布団の中や、布団と布団の間にペンが埋もれて、だんだん探して書くのがストレスになってしまいました。

は朝書こうとしたこともありましたが、時間のチェックをし忘れたり時間を忘れてしまうことも多くてうまくいきませんでした・・・。



データ化や可視化にはスマホアプリの方が優秀

日々の体重の増加量や1回の授乳量、それによりどれだけ寝てくれたか、などの記録から、次の日のミルク量や睡眠時間を調節していきます。

育児のスマホアプリなら、それらをデータとしていくらでも保持していてくれるし、グラフによってわかりやすく表示してくれる機能もあり、

ただ記録をつけるだけだったら、こちらの方がいいなと気付きました。

私が使っているのは「パパっと育児」というアプリです。

パパっと育児@赤ちゃん手帳 - 0歳から6歳までの育児日記

パパっと育児@赤ちゃん手帳 – 0歳から6歳までの育児日記

First Ascent無料posted withアプリーチ


こちらはなんと、赤ちゃんの泣き声を録音し、なぜ泣いているのかをAIが判断する機能付き!

当たっているかは微妙なところですが・・・・、時代も進んだなぁ。

ただ、赤ちゃんの成長はとても早く、たった1か月でも行動パターンがどんどんアップデートされていきます。

赤ちゃんも一人の人間。

気分もあるだろうし、データを取っていても、赤ちゃんの行動は予測不可能だな~・・・と日々感じます。

まとめ

バレットジャーナルには、数字を記録するのには向いてなく、
気づきやアイディア、自分の心の動きを書くほうがテンション上がる!って改めて思いました。

でももちろん、子供の気付いたこととか成長したところといったあれば、どんどん書いていってます💡

我が子の今しか見れないかわいい一瞬一瞬を、逃していかないようにしていきたいですね😊

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です